FC2ブログ
男でも作れる簡単節約料理生活
プロフィール

Curtis413

Author:Curtis413
レシピを中心に料理についてダラダラと書いています



最新記事



フリーエリア

   ↑ の「このブログに投票する」を励みになりますのでよろしければクリックしてください。                                 開いたページは閉じてください。                                 ありがとうございました。  ↑ の「応援!」もご迷惑でなければクリックしてください。                                 開いたページは閉じてください。                                 本当にありがとうございました。



ジャンル別メニュー

openclose



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



しょうが焼き丼

今回はしょうが焼き丼です
丼のときだけではないですが、しょうが焼きにマヨネーズをそえました
私の住んでる地域では珍しい事ではないのですが全国的にはどうなのでしょうか?
丼だと味が単調になるので途中のでアクセントとしてそえておきました



男でも作れる簡単節約料理生活-しょうが焼き丼


材料 1人前


豚肉 80g
たまねぎ 1/4個
しょうゆ 大さじ2
料理酒 大さじ2
すりおろししょうが 大さじ2


ごはん お好みの量で
マヨネーズ お好みで


1
豚肉をしょうゆ、料理酒、すりおろししょうがを混ぜたものに20分くらい漬け込みます
たまねぎを千切りにします


2
フライパンに油をひき、豚肉、たまねぎを炒めます


3
豚肉の両面に焦げまがついたら出来上がりです


4
丼にご飯を盛り、しょうが焼きを乗せマヨネーズを添えたらできあがりです



料理のポイント


豚肉が薄いと硬くなってしまいます
薄いときは下味をつけずに焼き始めてから調味料を入れましょう


スポンサーサイト




豚大根

今回は豚大根です
ブリ大根も嫌いではないのですが私は豚大根派です


豚の旨味を吸ったトロトロの大根は絶品ですね
何より簡単だしこれから寒くなり、もう一品ほしいときにはちょうどいいし
作りおきでもぜんぜんOKです


私は豚肉は出汁と割り切っていますが具として考えたい方は豚肉多目にしてください




男でも作れる簡単節約料理生活-豚大根



材料


大根 1/4本
豚切り落とし(豚肉なら何でもいいです) 80g

しょうゆ 大さじ3
料理酒 大さじ2
みりん 大さじ2
かつおだし顆粒 小さじ1
水 400ccくらい


1
大根の皮をむき2.3cmくらいの輪切りにします
気になる方は面取りしてください
豚肉はお好みで適当に切ります
具にしたい方はあまり小さく切らない方がいいと思います


2
鍋に大根と豚肉、調味料を入れひたひたになるくらい水を入れ煮込みます


3
火が通ったら完成です。20くらいで火が通ると思います



料理のポイント


火を通したあと一度冷ますとより味が染み込みます





豚肉のしょうが焼き

今回は豚肉のしょうが焼きです
今までこのメニューが残っていたことが驚きなほどよく食べています
細々言わなくても皆さんご存知のメニューですねw



男でも作れる簡単節約料理生活-豚肉のしょうが焼き


材料 1人前


豚肉 80g
しょうゆ 大さじ2
料理酒 大さじ2
すりおろししょうが 大さじ2


1
豚肉をしょうゆ、料理酒、すりおろししょうがを混ぜたものに20分くらい漬け込みます


2
フライパンに油をひき豚肉を炒めます


3
両面に焦げまがついたら出来上がりです
付け合せのキャベツの千切りはお好みでどうぞ



料理のポイント


豚肉が薄いと硬くなってしまいます
薄いときは下味をつけずに焼き始めてから調味料を入れましょう



豚肉とナスとピーマンのオイスターソース炒め

今回は豚肉とナスとピーマンのオイスター炒めです


ナスは豚肉とも相性がいい食材です
明日の分量は倍くらいあってもいいかもしれません



男でも作れる簡単節約料理生活


材料 2人前


豚バラ肉 100g
ナス 1本
ピーマン 2個

オイスターソース 大さじ1
しょうゆ 小さじ1
料理酒 大さじ1
ごま油 大さじ1



1
豚肉とナスとピーマンを一口大に切ります


2
鍋に油をひき、豚肉を炒めます


3
豚肉から油が出てきたらナスを入れます


4
ナスの色が変わり始めたらピーマン、オイスターソース、しょうゆ、料理酒を入れ
ピーマンに火がとおったらごま油を入れて出来上がりです



料理のポイント


ナスの切り方は輪切りでも乱切りでも問題ないと思います



豚肉のしそ巻き焼き

今日は豚肉のしそ巻き焼きです

しそとマスタードでさっぱりピリ辛でおつまみにもいいと思います
その場の思いつきで作った料理でしたが割とおいしくなりました



男でも作れる簡単節約料理生活-豚肉のしそ巻き焼き


材料


豚肉薄切り 4枚
しそ 3枚

小麦粉 適量
マスタード 適量


1
豚肉を一枚の板状に広げます
隙間のない用意しましょう


2
しそを広げてのせ、マスタードを薄く塗ります


3
きつめに巻いて小麦粉をまぶします


4
巻き終わりを下にして焼き始めます、焦げ目がついたら回して全面を焼きます
中まで火がとれば完成です
食べるときには少ししょうゆをかけましょう


料理のポイント


崩れないように巻き終わりを下にして焼き始めましょう




ムースーロー

今回はムースーロー、ムーシーローと表記される事もありますね
漢字で書くと木須肉、きくらげと豚肉の玉子炒めです


このメニューに出会ったのは10年以上前ですね、
餃子の王将で食べた事がある方も多いではないでしょうか?


何より食感が楽しい料理です
肉の歯ごたえと玉子のふわふわ、きくらげのコリコリがたまりません
ニラは私のオリジナルですが入れてるお店も普通にあると思いますよ



男でも作れる簡単節約料理生活-ムースーロー


材料


豚バラ肉薄切り 100g
乾燥きくらげ 30g
玉子 2個
ニラ 1/2袋
にんにく 1片
しょうが 適量


しょうゆ 大さじ1
鶏がらスープ粉末 大さじ2
塩 小さじ1


ごま油 大さじ1
五香粉 小さじ1/2(なければなしで)



1
きくらげを水又はぬるま湯で戻します
15分くらいで戻ると思います
干ししいたけとは違い出汁はでないので戻し汁は捨てます


2
豚肉、きくらげを一口大に、ニラを5cmくらいに切ります
にんにく、しょうがをみじん切りにします
玉子を割って溶いておきます


3
鍋を熱して、油をひき玉子を炒め、お皿に出しておきます
最後にもう一度鍋に投入するので完全に火を通さずとろとろのオムレツ状態でいいです


4
再度鍋に油をひき、にんにく、しょうがを入れ香りが出るまで炒め、豚肉を加えて炒めます


5
豚肉に半分くらい火がとおったら、ニラときくらげを加え、しょうゆ、鶏がらスープ、塩を入れます


6
豚肉に火がとおったら卵を入れ、玉子をほぐすようによく混ぜます
最後にごま油を回し入れ、五香粉をかけて完成です



料理のポイント


玉子を一度先に炒めることです
こうしないと卵とじになってふわふわの食感が出ません

  



豚キムチのいため物

夏バテ防止にオススメの豚キムチ炒めです
これもシンプルな料理なので暑くて手の込んだ料理をしたくない気分のときにもいいかもしれませんね


男でも作れる簡単節約料理生活-豚キムチのいため物


材料


豚肉 薄切り 100g
キムチ 50g
キャベツ 1/8くらい
ニラ 1/2袋
もやし 1/3袋
にんにく 1片
しょうが 適量


しょうゆ 大さじ2
コチジャン 大さじ1
料理酒 大さじ1
ごま油 大さじ1


1
豚肉、キャベツ、ニラを適当な大きさに切ります
にんにくとしょうがをみじん切りにします
しょうゆ、コチジャン 料理酒を混ぜ合わせ調味料にしておきます


2
キャベツを湯通しします、1分くらい茹でて下さい
ざるに入れて熱湯をかけるだけでもいいです
これをするとびっくりするほどいい色になっておいしそうに見えます


3
多めの油でにんにくとしょうがを炒めて香りが出たら豚肉を入れます


4
豚肉に軽く焦げ目がついたらキャベツとキムチを入れます
キムチはつけダレも一緒に入れると旨味が増します


5
1分くらい炒めたら、合わせ調味料、もやし、ニラを入れ火がとおったらごま油をまわしいれ完成です



料理のポイント


キムチの味で最終的な味がかなり左右されます
イカや貝類などの魚介系のものが入っているキムチだとよりおいしくなると思います



チャーシュー丼

豚の角煮を切ってのせるだけのチャーシュー丼 簡単ですね


最近ではチャーシュー(焼豚)と角煮の境目がよくわからなくなってる気がします
生い立ちはまったく別なのですが日本で流布しているレシピだと明確な違いがありません
塊なら角煮、薄切りならチャーシューでいいのかな?角煮の薄切りとか言いませんものねw



チャーシュー丼



材料 
豚バラ肉(塊)500g
ねぎ(青い部分)1本分
しょうが 1/2かけ
料理酒 お湯1Lに対して50mlくらい
油 適量

しょうゆ 大さじ5
料理酒 大さじ5
みりん 大さじ3


ここまでは豚の角煮と同じです


レタス 2枚
ご飯 適量

ねぎ 適量


1
塊の豚ばら肉を4つくらいに切ってフライパンに油を引き焼きます
全面に焦げ目をつけてください
最終的にはかなり縮むので大きめに切ってくださいね


2
鍋にたっぷりの湯を沸かし焼いた豚バラ肉とねぎ(青い部分)薄切りにしたしょうが酒を入れる
沸騰したらアクを取り弱火で30~40分間ゆでる、圧力鍋なら20分くらいです


3
豚肉がゆで上がったら取り出しお湯で表面の油を洗い流します
ゆで汁は一晩冷蔵庫において固まった脂をすくい取り密閉瓶などに入れて冷蔵庫に保存しスープとして使います
固まった油は炒め物で使うもよし、餃子や肉まんのタネに練りこめばジュワっと汁が溢れるます

ゆで豚との違いは1で肉を切るか切らないかだけでゆで豚ならここで完成です


4
再度肉を鍋に入れてしょうゆ、料理酒、みりんを加え20分くらい煮込みます
圧力鍋なら10分くらいです


5
煮込んだら弱火で煮汁を肉に絡めながら煮詰めて完成です
煮詰めたタレも余れば炊き込みご飯に使うなど使い道があるので残しておきましょう

ここまでは豚の角煮と同じです


6
角煮を薄切りにて、ご飯を盛り、レタスをちぎり、のせれば完成

ねぎはお好みでどうぞ



料理のポイント


とどのつまり、角煮を切って盛っただけです

食べる前にレンジで温めるとチャーシューから肉汁が出るので私はそうしてます





料理レシピ集 ブログランキングへ

豚の角煮

私も大好物の豚の角煮
煮汁まで使えて無駄のない料理ですね


似た料理に中華のトンポーロウや琉球料理のラフテーがありますね
どちらも独特の香りでおいしいので機会があれば紹介させていただきます



豚の角煮


以前紹介した茹で豚と途中までレシピが似ているので半分角煮、半分ゆで豚なんてのもありですよ


材料 


豚バラ肉(塊)500g
ねぎ(青い部分)1本分
しょうが 1/2かけ
料理酒 お湯1Lに対して50mlくらい
油 適量

しょうゆ 大さじ5
料理酒 大さじ5
みりん 大さじ3


1
塊の豚ばら肉を4つくらいに切ってフライパンに油を引き焼きます
全面に焦げ目をつけてください
最終的にはかなり縮むので大きめに切ってくださいね


2
鍋にたっぷりの湯を沸かし焼いた豚バラ肉とねぎ(青い部分)薄切りにしたしょうが酒を入れる
沸騰したらアクを取り弱火で30~40分間ゆでる、圧力鍋なら20分くらいです


3
豚肉がゆで上がったら取り出しお湯で表面の油を洗い流します
ゆで汁は一晩冷蔵庫において固まった脂をすくい取り密閉瓶などに入れて冷蔵庫に保存しスープとして使います
固まった油は炒め物で使うもよし、餃子や肉まんのタネに練りこめばジュワっと汁が溢れるます

ゆで豚との違いは1で肉を切るか切らないかだけでゆで豚ならここで完成です


4
再度肉を鍋に入れてしょうゆ、料理酒、みりんを加え20分くらい煮込みます
圧力鍋なら10分くらいです


5
煮込んだら弱火で煮汁を肉に絡めながら煮詰めて完成です
煮詰めたタレも余れば炊き込みご飯に使うなど使い道があるので残しておきましょう



料理のポイント


長時間煮込んだ角煮が台無しになるので最後の煮詰めを焦がさないように気をつけましょう




料理レシピ集 ブログランキングへ

回鍋肉

春が旬のキャベツを使って回鍋肉をいってみたいと思います


男でも作れる簡単節約料理生活-回鍋肉


すっかり回鍋肉と言う料理名で市民権を得ていますね
簡単に言うと豚肉とキャベツの甘味噌炒めって感じでしょうか
豚肉の薄切りを使うレシピも多いですが本格的には皮付の茹で豚を使います
中華の中でも人気のあるメニューですね
個人的にはキャベツと竹の子が必須です
パプリカやねぎ、きのこ類はお好みでどうぞ

材料 (4人分)
ゆで豚 (又は豚の薄切り肉) 200g
キャベツ 1/4コ
にんにく 1かけ
竹の子 水煮 2/3個分
甜麺醤(テンメンジャン) 大さじ3
豆板醤(トーバンジャン) 大さじ1
料理酒 大さじ1
しょうゆ 大さじ1 
水溶きかたくり粉  少々



調理時間20分 作業時間20分


難易度 B


予算 1人前 約150円


カロリー 1人前300kcal


1
ゆで豚は2~3mm厚さの薄切りにする(豚の薄切りのときは適当な大きさに切る)
キャベツは豚肉と同じ大きさぐらいに切り芯の部分は薄切りにする
竹の子も豚肉の大きさに合わせて切る
にんにくは薄切りにする

2
キャベツをお湯にくぐらせる(5から10秒くらい)
これをするとキャベツが青々としてうまみを閉じ込める事ができます
中華ではよくやる湯通しという手法です
お湯をかけるだけでもいいです

3
中華なべ(なければフライパン)に油を引いて甜麺醤、豆板醤、にんにくを入れて炒め香りを引き出す
そして豚肉、竹の子、キャベツの順にいため合わせる

4
酒・しょうゆを加えて味を調える
水溶きかたくり粉を加えて味をからめ完成



料理のポイント
中華料理の炒め物は基本的に強火で一気に仕上げます
調理時間の8.9割は下準備です
炒める段階に入る直前にその後の準備が全部できているか確認してから炒めるようにしましょう
キャベツのシャキシャキ感が残るように炒めすぎないように注意してください



ゆで豚
今回はゆで豚です

写真は後日UPします



ゆで豚を一度作ると豚ばら肉ってすごい油含んでるんだねって実感します
ゆで汁や出てきた油もちゃんと使えますので捨てないでおきましょう
私の場合煮崩れやそり返し防止と焦げ目があるほうがおいしそうに見えるので始めに焼いちゃいます
簡単なので一度お試しください


材料 
豚バラ肉(塊)500g
ねぎ(青い部分)1本分
しょうが 1/2かけ
料理酒 お湯1Lに対して50mlくらい
油 適量


調理時間 1時間 作業時間 15分


難易度 A


予算 約500円


カロリー 100gあたりで約250kcal


1
塊の豚ばら肉をそのままフライパンに油を引き焼きます
全面に焦げ目をつけてください

2
鍋にたっぷりの湯を沸かし焼いた豚バラ肉とねぎ(青い部分)薄切りにしたしょうが酒を入れる
沸騰したらアクを取り弱火で30~40分間ゆでる

3
豚肉がゆで上がったら取り出しお湯で表面の油を洗い流したら冷まして完成
ゆで汁は一晩冷蔵庫において固まった脂をすくい取り密閉瓶などに入れて冷蔵庫に保存しスープとして使います
固まった油は炒め物で使うもよし、餃子や肉まんのタネに練りこめばジュワっと汁が溢れるます



料理のポイント
基本茹でるだけです
茹で加減は肉に竹ぐしを刺してみてスーッと通ったら大丈夫です
回鍋肉や炒め物、和え物にも使えます
薄切り肉を使うよりしっかり肉の食感が出るのでオススメです