FC2ブログ
男でも作れる簡単節約料理生活
プロフィール

Curtis413

Author:Curtis413
レシピを中心に料理についてダラダラと書いています



最新記事



フリーエリア

   ↑ の「このブログに投票する」を励みになりますのでよろしければクリックしてください。                                 開いたページは閉じてください。                                 ありがとうございました。  ↑ の「応援!」もご迷惑でなければクリックしてください。                                 開いたページは閉じてください。                                 本当にありがとうございました。



ジャンル別メニュー

openclose



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



カテゴリ:調理器具と調味料(初心者編) の記事一覧

| |

調理器具と調味料(初心者編)

初めての一人暮らしや今まで外食やコンビニで食事を済ませてきたけど
今後料理を始めて行きたい
しかし何からそろえればいいのかわからない
そんな人のために最低限これだけあれば何とかなる調理器具と調味料をまとめて置きたいと思います

★調理器具

切る作業に必要な物

●包丁
包丁については料理人がもっとも大切にする調理器具の1つです
用途によって種類も豊富
値段も100円ショップで売ってるものから何万もするものまでいろいろで迷うのも当然かと思います
本来ならば選ぶ理由や包丁の歴史を長々書きたいが1つ1つ書いていたら読むのが嫌になると思うのでやめときます

結論
とりあえず一本と言うなら三徳包丁を買いましょう
三徳包丁は万能包丁や文化包丁とも呼ばれます
材質はステンレス、錆び難くお手入れも楽でいいでしょう
刃渡りは16cmから18cmくらいでしょうか

予算がないって人は100円ショップで包丁とシャープナー(V字のところに刃を当てて前後に動かして包丁を研ぐ)
を買えばひとまずOK
他にも買うものはいろいろあるからね
一番お金をかけるべき部分でもあるので一通りそろったら買い換えましょう

●まな板
木でいうと桐がいいとかヒノキがいいとか
メーカーで言うとラバーゼとか
シリコンのジョゼフジョゼフとか
いろいろあるけど、始めにお金をかける部分じゃないのは間違いないので100円ショップで買いましょう
大きいほうが使いやすいと思います

●その他
切るにあたっては皮むき器くらいは安いしゴボウのささがきにも使えるし買っておいて損はないかな
スライサーやおろし金も買っておいて損はないですね
切った物を洗うためにボウルとザルは忘れずに
ザルはボウルにぴったりはまる物をオススメします



炒める煮込むために必要な物

●火元
火元がIHクッキングヒーターなのかガスなのかで変わります
IHの場合対応したものを買わないといけないので注意ですね

これから考える方にはやはりガスがオススメです
できれば火元が二つ以上あり魚焼き器もあるといいですね
ちなみにコンロには右側が壁用と左側が壁用の2種類があるので設置場所も考えて買うようにしましょう

火元が1つしかないよって人はIHクッキングヒーターを1つ買い足すなどをオススメします
例えばパスタを作ろうとすると1つでパスタを茹でつつ、1つでソース作りが基本になります
他の料理でも火元を複数使うことは多いので最低二つは確保したいですね
電子レンジで何とかなることもあるけどお勧めはしません

●フライパン
フライパンは炒める作業で必須です
いろいろそろえたいところですが1つというなら底面積が広く大きいものが望ましいでしょう
26cmのフッ素加工のものが適当ですかね
フッ素加工のものは焦げ付きにくい事が売りですが
洗う際にたわし等で擦るとあっという間にはげるので注意しましょう

●鍋
大きい物を1つと小さい物を1つはほしいですね
用途としては大きいものはカレーやシチューの煮込み物、パスタを茹でる、筑前煮や肉じゃが等の煮物ですね
小さな物は、味噌汁やスープなどの汁物、ブロッコリーやほうれん草などをちょっとゆでる、揚げ物等
どうしてもひとつなら大きな物にしましょう、大は小を兼ねるってやつですね
大きな物は3リットル以上の物がいいと思います、圧力鍋もありだと思います
小さい物は18cmくらいの雪平鍋でいいかと思います

●その他
他に炒めるにあたってフライ返しなどほしいところですが
これも言いだすときりがない
そこで最低限というなら、お玉とフライ返しの二つくらいは用意して置きましょう
これらは金属製だと持ってる手が熱くなるのでそこだけ考えて置きましょう
煮物など分量を計るために計量カップも一つあると便利かな

最低限の調理器具と言うとこんなとこかと思います

調理器具ではないけど必須なこととしては

●洗浄
洗剤やスポンジ、たわしなど

●ごみの処理
三角コーナーやシンクの底にネット張る、生ごみ専用に蓋のついたゴミ箱にビニール袋をセットするなど
暑くなれば放置できない問題ですので何かしら対応策を準備してください

●保存
タッパーやラップ、密封できるビニール袋など

●消耗品
ラップやキッチンペーパー、アルミホイルなど




★調味料
節約料理が目的の一つではありますが安い食材をおいしく食べるには調味料はケチるところではありません
またいい調味料が置いてあると料理する人間からすると「こいつ、できる!!」と思う部分でもあります

●塩
ないと始まりません
オススメは岩塩 ミル付の物がいいでしょう ちょっと高いけどここはケチるところじゃないと思います
なくなったら詰め替え用もあるのでそちらで補充しましょう
シンプルな料理、例えば塩コショウで炒めるだけのような料理では味が格段に変わります
パスタを茹でるときに入れる、アサリの砂だしなど大量に使うとき用に安い塩も用意してあればなおいいです

●コショウ
使用頻度はとても高いです
塩と同じくミル付の黒コショウがオススメです
予算があるなら白コショウもほしいところですがどちらかと言えば黒をお勧めする
主に黒コショウは風味が強く肉に使われ、白コショウは風味が弱く魚に使われる

●しょうゆ
味付けから最後にかけたり、つけて食べたり和食に限らずいろいろ使います
料理の頻度に因りますが一人暮らしなら1Lの物で4.5ヶ月は持つんじゃないかな
そのまま使うと入れすぎになるのでしょうゆ挿しはあったほうがいいと思います

●料理酒
和食の定番、洋食なら白ワイン、中華なら紹興酒などのようにどの国でも料理にお酒はよく使います
消費量としてはしょうゆの1/3のペースくらいでしょうかね

●油
焼く、炒めるなど頻繁に使います
サラダ油 菜種油 キャノーラ油などいろいろあります
予算に応じて選びましょう
揚げ物をすると大量に消費するので多目に買っておいて損はないかと思います

必須なものは、こんなとこかな
あとは作りたい料理の方向性ですね
必要に応じて買い足すでいいのではないでしょうか

和食なら

みりん
煮物をするなら必須 照りが出て甘味が増します
消費量は料理酒のさらに半分くらい
みりんの代わりにさとうを使う人もいますね

めんつゆや白だし
そのままめんつゆはもちろん
煮物でもつかえるし、親子丼のような卵でとじる時もありであると重宝する

お酢
酢の物、お寿司などには必須

味噌
味噌汁 お鍋 いろんな隠し味にも使えます

出汁
顆粒のかつおだし、昆布だし、いりこだし等いろいろあります
ちゃんと出汁をとるなら、鰹節や乾燥昆布など用意しましょう

洋食なら

オリーブオイル
パスタやイタリアンならば必須
エクストラバージンオリーブオイルはカルパッチョやサラダにも使えそのまま食べれる、少し高い
オリーブオイルのみの記載の物は基本的には加熱用

バジルやパセリ、オレガノなどのスパイス
いろいろあるのでお好みで
初めて買うときは少量の物にしましょう

いわゆるコンソメ
顆粒と固形があります、よく使うので必要に応じてそろえましょう

バターとチーズ
これも頻繁に使います

中華なら

ごま油
必須ですね、洋食のオリーブオイルのように頻繁に使います

鶏がらスープ
顆粒の物、ペースト状の物などあります
同じく頻繁に使います
顆粒の物のほうが使いやすいし安いと思います

甜麺醤(テンメンジャン)
中華の甘味噌
回鍋肉や麻婆豆腐で使います

豆板醤(トウバンジャン)
中華の辛味噌
麻婆豆腐などで使います


基本と言うとこのくらいでしょうか
またそのうち中級編とかひとつの調理器具や調味料をピックアップして書いていきたいと思います


 


スポンサーサイト