FC2ブログ
男でも作れる簡単節約料理生活
プロフィール

Curtis413

Author:Curtis413
レシピを中心に料理についてダラダラと書いています



最新記事



フリーエリア

   ↑ の「このブログに投票する」を励みになりますのでよろしければクリックしてください。                                 開いたページは閉じてください。                                 ありがとうございました。  ↑ の「応援!」もご迷惑でなければクリックしてください。                                 開いたページは閉じてください。                                 本当にありがとうございました。



ジャンル別メニュー

openclose



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ほうれん草のゴマ和え

今回はほうれん草のゴマ和えです
我が家では昔からのありふれたメニューです


しかし一般的にはゴマ和えと言うとすりごまとしょうゆかけるくらいみたいですね
うちのレシピでは練りごまをつかった、割とどっしりした感じになってます


皆さんのお口に合えば幸いです



男でも作れる簡単節約料理生活-ほうれん草のゴマ和え


材料


ほうれん草 1束

ねりごま 大さじ2
はちみつ 大さじ1/2
めんつゆ 20cc
すりごま 少々


1
ほうれん草をよく洗い茹でます
茹でたら水で冷やして4cm幅くらいに切って絞ります


2
ねりごま、はちみつ、めんつゆをよく混ぜ、ほうれん草とあえます


3
最後にすりごまをかけて出来上がり


料理のポイント


ごまダレを硬くて混ざらないときはめんつゆで調整しましょう
私はねりごまを無駄にしたくないのと洗い物を減らしたいので最後に盛りつける予定の小鉢で作ってしまいますw


スポンサーサイト




ほうれん草のお浸し

夏バテ気味の食欲の無いときにはお勧めのほうれん草のお浸しです


私の実家では醤油をかけていましたが、それが苦手でこのレシピにしました
載せるほどでもないですが誰かのお役に立てば幸いです



男でも作れる簡単節約料理生活-ほうれん草のお浸し



材料


ほうれん草 1束
かつお節 適量
めんつゆ2倍濃縮 大さじ2
おろししょうが 小さじ1
水 大さじ2


1
ほうれん草をよく洗い、茹でます 
2.3分で十分です、茹ですぎに注意しましょう


2
すぐに冷水で冷やして水分をよく切り、4cmくらい幅に切ります


3
お皿にもってめんつゆ、水、おろししょうがを混ぜた物をかけて、かつお節を乗せて完成です


料理のポイント


水気をしっかり切りましょう



ほうれん草ともやしのナムル

今回はナムルです
ほうれん草ともやしでいってみました


ナムルは韓国の家庭料理の1つで代表的な常備菜です
ビビンバやキンパなどいろいろ使えるので多めに作ってもいいかもしれませんね



男でも作れる簡単節約料理生活-ほうれん草ともやしのナムル


材料


ほうれんそう 3束
もやし 1/2袋
ごま油 大さじ2
しょうゆ 大さじ1
塩 大さじ1


1
もやしのひげと根をとります
もやしをシンプルに使うときはこれをサボると格段にまずくなります


2
材料をゆでます
ほうれん草はよく洗い沸騰した多めのお湯で30秒ぐらいゆで、すぐに冷水で冷やします
もやしも30秒ぐらいゆですぐに冷水で冷やします


3
冷やしたら水をよく切ってごま油、しょうゆ 塩の順に入れながらよくまぜてできあがりです


料理のポイント


作業工程はもやしもほうれん草も同じですが2のゆでるところから別々にやりましょう
あとは茹で過ぎない事です
2.3日は日持ちしますが水分が出るのでなるべく早く食べましょう



ほうれん草としいたけのバター炒め

緑の付け合せの代表格 ほうれん草ですね
今回はしいたけと一緒にバター炒めです

やっぱり付け合せはぱぱっと作りたいのでシンプルにいきます



男でも作れる簡単節約料理生活-ほうれん草としいたけのバター炒め


材料


ほうれん草 1/2束
しいたけ 4個
バター 大さじ1
塩 適量
コショウ 適量


1
ほうれん草をよく洗い5cm幅くらいに切ります
しいたけは軸をとり1/4に切ります


2
フライパンにバターを入れ溶け始めたらしいたけとほうれん草の茎の部分を炒めます
やわらかくなってきたらほうれん草の葉の部分を加え、塩コショウして出来上がり



料理のポイント


ほうれん草の葉と茎は火のとおるタイミングが違うので分ける事かな
ほうれん草としいたけの割合は好みでいいと思います




料理レシピ集 ブログランキングへ