FC2ブログ
男でも作れる簡単節約料理生活
プロフィール

Curtis413

Author:Curtis413
レシピを中心に料理についてダラダラと書いています



最新記事



フリーエリア

   ↑ の「このブログに投票する」を励みになりますのでよろしければクリックしてください。                                 開いたページは閉じてください。                                 ありがとうございました。  ↑ の「応援!」もご迷惑でなければクリックしてください。                                 開いたページは閉じてください。                                 本当にありがとうございました。



ジャンル別メニュー

openclose



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



カテゴリ:挽き肉 の記事一覧

| |

豆腐ハンバーグ

今回は豆腐ハンバーグです
ハンバーグよりヘルシーで節約にもなる豆腐ハンバーグ
すっかり市民権を得ていますねw


正直タレはこれじゃない方がいいかもしれませんww
白だしベースのあんかけタレなんかの方が合うのかもしれません



男でも作れる簡単節約料理生活-豆腐ハンバーグ


材料(4つ分)


合挽きミンチ肉 350g
絹ごし豆腐 1丁
たまねぎ 1/2個
卵 1個
パン粉 40g
塩 少々
コショウ 少々
ナツメグ 少々(なければなしで)


ウスターソース 大さじ2
ケチャップ 大さじ2


1
豆腐に重しをして水分を抜きます
厚さが3/4くらいになればいいと思います


2
たまねぎをみじん切りにして軽く塩を振り、しんなりするまで炒めます
薄い茶色になればOKです
炒めたら冷やします


3
挽き肉、炒めたたまねぎ、塩、コショウ、ナツメグ、卵、パン粉、豆腐を入れよく練ります
練れたら適当な大きさに整形します、空気を抜き中央部分をへこませ均一に火がとおる様にします


4
油のひいたフライパンにくぼみを下にして中火でじっくり焼きます
焦げ目がついたらひっくり返して蓋をして蒸し焼きにします


5
焼き終わったフライパンにウスターソースとケチャップを入れて軽く煮詰めソースを作って完成です



料理のポイント


やわらかく崩れ安いのでフライパンに乗せたら動かさない、触らない事、くっかないように十分スペースをとる事です。


スポンサーサイト




麻婆豆腐

今回は麻婆豆腐です
麻婆ナス同様、以前載せた肉味噌があれば簡単です


麻婆豆腐は私が中華料理に興味を持つきっかけになった料理です
麻婆豆腐は陳建民さんが日本風にアレンジした麻婆豆腐が流行のきっかけとなったことは有名ですね
その息子の陳建一さんも料理の鉄人で中華の鉄人を務めていたことがなつかしいです



男でも作れる簡単節約料理生活-麻婆豆腐


材料

挽き肉 500g
にんにく 4片くらい
しょうが 少々
甜麺醤 大さじ5
しょうゆ 大さじ1
鶏がらスープ顆粒 大さじ1
水 50cc
紹興酒 大さじ1(なければ料理酒)
豆チ醤 小さじ1(なければなしで)
豆板醤 お好みで

花山椒 適量

ここまでは肉味噌のレシピと一緒です
この肉味噌を200g使います

木綿豆腐 1丁(水切りしたもの)
水溶き片栗粉 適量
ごま油 大さじ1
ニラ 適量(みじん切りにして置きます)

1
にんにく、しょうがをみじん切りにします

2
鍋に油を引きにんにく、しょうが、豆チ醤、豆板醤を入れ弱火で香りが出るまで炒めます

3
香りが出たら挽き肉をいれて、花山椒以外の調味料を入れていきます

ここまでは肉味噌のレシピと一緒です

4
水切りした豆腐を切らずに加え、崩していきます、そしてニラと水溶き片栗粉とごま油を加える

5
食べる直前に花山椒を砕いてかけて完成です


料理のポイント

最後の花山椒ですね
辛いものが好みの方は多めにかけましょう
豆腐は水切りしないとすぐに水分が出てベチャベチャになってしまいます




麻婆ナス

今回はマーボーナス
以前紹介した肉味噌を使えば楽チンレシピです

最後に花山椒を入れないとイメージより甘いと思います


マーボーナスはかなり有名になってきましたがマーボーナスで変換しても漢字にならないのでまだまだなんですかね
マーボーだけでも漢字変換できないので麻婆豆腐が有名すぎると言うことでしょうかw


男でも作れる簡単節約料理生活-マーボーナス

材料


挽き肉 500g
にんにく 4片くらい
しょうが 少々
甜麺醤 大さじ5
しょうゆ 大さじ1
鶏がらスープ顆粒 大さじ1
水 50cc
紹興酒 大さじ1(なければ料理酒)
豆チ醤 小さじ1(なければなしで)
豆板醤 お好みで

花山椒 適量


ここまでは肉味噌のレシピと一緒です
この肉味噌を200g使います


ナス 4個(乱切りにしておきます)
水溶き片栗粉 適量
ごま油 大さじ1


1
にんにく、しょうがをみじん切りにします


2
鍋に油を引きにんにく、しょうが、豆チ醤、豆板醤を入れ弱火で香りが出るまで炒めます


3
香りが出たら挽き肉をいれて、花山椒以外の調味料を入れていきます


4
ナスを加え火がとおったら水溶き片栗粉とごま油を加える


5
食べる直前に花山椒を砕いてかけて完成です

ねぎはお好みでどうぞ



料理のポイント


最後の花山椒ですね
辛いものが好みの方は多めにかけましょう





ハンバーグ

お子様から大人まで大人気のハンバーグ
手間はかかるけど、意外と安くできる当たりも魅力ですね




男でも作れる簡単節約料理生活-ハンバーグ


ハンバーグの肉汁が溢れる部分が伝わればいいんですけど・・・



ハンバーグの原型は生肉の料理であるタルタルステーキ(日本で言うとユッケが近い)を焼いた料理が
ドイツで流行して、それがイギリスに渡ったときにハンブルグ風のステーキのという意味で
ハンバーグステーキ(ドイツのハンブルグHamburg 英語読みでハンバーグ)と呼ばれるようになったみたいです。

ちなみにハンブルグで「ハンバーグ」というと、生の牛肉に、生のタマネギやピクルスを混ぜた冷たい料理らしいです。



材料(4個分)

合い挽き肉 400g
玉ねぎ 1個
パン粉 1/2カップ
牛乳 大さじ2
たまご1個
塩 少々
こしょう 少々
オレガノ 少々
ゆで豚でできた油(一緒に練りこむとより肉汁が溢れます)


ソース
ケチャップ・ウスターソース 各適量(1:1)


1
たまねぎをみじん切りにし、透明になるくらいまでいため、よく冷ます
挽き肉は熱に非常に弱いのでたまねぎをいためた後はよく冷ましておきましょう
たまねぎを炒めないとたまねぎが硬いので挽き肉との間に隙間ができて肉汁が流れたり割れ目の原因になります


2
挽き肉に玉ねぎ、パン粉、溶き卵, 塩、こしょう オレガノをいれよく混ぜ合わせる
牛乳を使う人は一緒にいれてしまいましょう
全体が均等になるように手でよく混ぜ合わせます。


3
混ぜたハンバーグのタネを焼くときの大きさに分けてまとめる
両手でキャッチボールするように何度か投げるとハンバーグ内の空気が抜けて焼いたときにハンバーグが割れにくくなります。
ハンバーグの中心部分を少しくぼませておきます
焼くと中心が膨らんで均等な厚さになりません


4
油をひいて熱したフライパンの上にハンバーグをのせて片面焼く
ハンバーグを焼くときは中火で焼きます。弱火だとハンバーグの中まで火が通りませんし強火だと表面が焦げてしまいます


5
片面が焼きあがったらハンバーグを裏返して蓋をして蒸し焼きにする
中まで火が通れば完成です。
余り長い時間焼きすぎるとハンバーグ内の肉汁がなくなってしまいますし、短すぎると中が半生になってしまいます
串かつまようじを刺してみて肉汁が出てくれば大丈夫です
最悪火が通ってなかった場合はレンジで温めましょう


6
焼きあがったらフライパンを洗わず、そこにケチャップとウスターソースを入れて弱火で熱し肉汁とよく混ぜます
ソースがぐつぐつ沸騰し出したらソース完成です


料理のポイント
たまねぎをちゃんといためる事と火加減ですね
一度フライパンに入れたらなるべく触らない事、型崩れの元になります
ちょっとずらせば一度に全部焼けるのにってときや近くに置き過ぎて隣のとくっついてしまうときは
ついつい動かしたくなりますが失敗の原因だったりします(私はよくやりますw)