FC2ブログ
男でも作れる簡単節約料理生活
プロフィール

Curtis413

Author:Curtis413
レシピを中心に料理についてダラダラと書いています



最新記事



フリーエリア

   ↑ の「このブログに投票する」を励みになりますのでよろしければクリックしてください。                                 開いたページは閉じてください。                                 ありがとうございました。  ↑ の「応援!」もご迷惑でなければクリックしてください。                                 開いたページは閉じてください。                                 本当にありがとうございました。



ジャンル別メニュー

openclose



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



カテゴリ:鯛 の記事一覧

| |

鯛のアクアパッツァ

今回は鯛のアクアパッツァです

アクアパッツァとは、魚介類をトマトなどを白ワインと水で煮込んだイタリア料理です
アクアはイタリア語で「水」、パッツァは「怒った」や「奇妙な」と言う意味で
水を入れた瞬間のすぐに沸騰する様子を表していると言う説や
「水で薄めた白ワイン」と言う意味という説もあるようです


私事ですが今回がレシピ100個目でちょっと豪華な物をと思いましてこのメニューにしました
このメニューで大体1500円くらいの材料費です
普段の食事では節約とは言えないけどおもてなしや祝い事なら安上がりですかね


魚の下処理さえしてある物を用意すれば簡単です



男でも作れる簡単節約料理生活-鯛のアクアパッツァ


材料


鯛 1匹(うろこや内臓は取り除いた物を買いましょう)
あさり 200g
赤えび 2尾
プチトマト 10個くらい
ブラックオリーブ お好みで
ケイパー 大さじ1
にんにく 1片
イタリアンパセリ お好みで


白ワイン 大さじ3
塩 適量
コショウ 適量(できれば白コショウ)
オリーブオイル 大さじ3
水 100cc
顆粒コンソメ 大さじ1


1
あさりを塩水につけ暗い場所におき、塩抜きします
最低20分くらいは置きましょう


2
鯛の下処理をしていない場合下処理をします
今回は自分でやりました、しんどいけど卵があったのでよしとしましたw
えらの内側に包丁を入れ開くようにして、うろこを取ります
うろこ取りがあれば楽に取れますがない場合尻尾のほうから頭にかけ皮を取らないように
包丁を寝かせて削るように剥がしていきます
見づらいし、怪我もしやすいので気をつけましょう
最後にあごの下からお腹までを裂いて内臓を手でとしだし、よく洗います

ここまでの魚の処理は頼めば魚コーナーなどでやってもらえます


3
にんにくをみじん切りにして、プチトマトのヘタを取ります


4
あさりを擦り合わせるようによく洗います
鯛の真ん中あたりに隠し包丁を入れます
魚の見た目を気にする方は薄めに小麦粉をまぶすと皮がはがれにくくなります
余分な小麦粉はよく払いましょう


5
フライパンにオリーブオイルをひき、にんにくを炒め香りを出します
香りが出たら鯛を入れ焼いていきます


6
魚に焦げ目がついたらひっくり返し、あさり、えび、プチトマト、ブラックオリーブ、ケイパーを入れ
白ワイン、水、塩、コショウ、コンソメを入れ蓋をします


7
あさりが開いたら火を止め盛り付け、イタリアンパセリを飾れば出来上がりです



料理のポイント


イタリアンパセリはみじん切りにして全体にかけてもいいです
パセリでもいいですがこれがないと見た目がとても寂しくなりおもてなし感が激減します


これに合うのは断然バケットです
ソースに強烈なうまみが溶け込んでいるのでバケットにつけて残らず平らげてくださいw






スポンサーサイト