FC2ブログ
男でも作れる簡単節約料理生活
プロフィール

Curtis413

Author:Curtis413
レシピを中心に料理についてダラダラと書いています



最新記事



フリーエリア

   ↑ の「このブログに投票する」を励みになりますのでよろしければクリックしてください。                                 開いたページは閉じてください。                                 ありがとうございました。  ↑ の「応援!」もご迷惑でなければクリックしてください。                                 開いたページは閉じてください。                                 本当にありがとうございました。



ジャンル別メニュー

openclose



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



レバニラ炒め
今回はレバニラ炒めです

人によっては、ニラレバ炒めとも呼びますね

中華料理ですが、中国語の語順でいくと、ニラレバが正しいそうですよ


鳥の血肝もニラももやしも、安い食材なので、節約という観点からすれば大助かりな一品です

鉄分も豊富で体にもいいのでお勧めです

レバニラ炒め


材料 (2人分)


鶏レバー 150g~200g
もやし 1袋
ニラ 1束
オイスターソース 大さじ1
しょう油 大さじ1
砂糖 小さじ1
ごま油 大さじ1
片栗粉 適量
塩 少々
コショウ 少々

下味用
しょう油 大さじ1
酒 大さじ1





1
レバーを一口大に切り、洗ってよく水気を取ります
しょう油と酒に30分くらいつけおき下味をつけます

2
つけこんだレバーに片栗粉をまぶします
フライパンに油をひき、レバーを炒めます

3
レバーを炒めたら、取り出し、もやしとニラ入れ軽く炒めます

4
レバーを戻して、オイスターソース、しょう油、砂糖を加え、塩、コショウで味を調えます

5
最後に香り付けにごま油を回しいれて完成です




料理のポイント


レバーを取り出さないと片栗粉がはがれてしまうので気をつけましょう

もやしのシャキシャキ感を残したい方は強火で手早く炒めましょう
スポンサーサイト




ぶりかまのアクアパッツァ
今回は、ぶりかまのアクアパッツァです



アクアパッツァは白身の魚なら何でもできますが、

スープのおいしさに関していえばぶりかまが一番だと思っています

これを作るときには、是非バケット等のパンを用意して、最後の一滴まで味わってくださいw

ブリカマのアクアパッツァ


材料



ぶりかま 大1切れ
あさり 100g
プチトマト 10個くらい
ケイパー 大さじ1
マッシュルーム 100g
にんにく 1片
イタリアンパセリ お好みで


白ワイン 大さじ3
塩 適量
コショウ 適量(できれば白コショウ)
オリーブオイル 大さじ3
水 100cc
顆粒コンソメ 大さじ1



1
あさりを塩水につけ暗い場所におき、塩抜きします
最低20分くらいは置きましょう

2
あさりを擦り合わせるようによく洗います

3
フライパンにオリーブオイルをひき、にんにくを炒め香りを出します
香りが出たらぶりかまを皮を下に入れて、焼いていきます



6
魚に焦げ目がついたらひっくり返し、あさり、プチトマト、マッシュルーム、ケイパーを入れ
白ワイン、水、塩、コショウ、コンソメを入れ蓋をします



7
あさりが開いたら火を止め盛り付け、イタリアンパセリを飾れば出来上がりです




料理のポイント



イタリアンパセリはみじん切りにして全体にかけてもいいです
パセリでもいいですがこれがないと見た目がとても寂しくなりおもてなし感が激減します



これに合うのは断然バケットです
ソースに強烈なうまみが溶け込んでいるのでバケットにつけて残らず平らげてくださいw



ホタテのガーリックバターソテー
今回はホタテのガーリックバターソテーです



日本では開いた貝殻の一枚が帆船の帆に似ているため帆立貝と呼ばれます

中国ではこれが扇に似ている事から扇貝と呼ばれるそうです

キリスト教圏内では新約聖書に登場するイエスの使徒のひとりであるヤコブの象徴とされる貝で

聖ヤコブの貝と呼ばれ、聖地巡礼の際にはこの貝殻を身につけて訪れるそうです

いずれにせよ、古くから世界各国でよく親しまれている貝のようですね




以前ご紹介した,じゃがいものガレットを小さめに作りのせて見ました

ちょっと手抜きっぽいものが多かったので、たまにはこんなオサレな感じもいいかなw

ホタテのバターソテー


材料 ( 2人分 )


ほたて 6~8個
塩 少々
ブラックペッパー 少々
バター 20g
醤油 大さじ1
にんにく 1片
乾燥パセリ お好みで


1
ほたては水気を切り、にんにくをスライスします

2
フライパンにバターとにんにくを入れ弱火で香りが出るまで炒めます

3
香りが出たらにんにくを取り出し、ホタテを入れ、塩、ブラックペッパーをして炒めます

4
火が通ったらしょうゆを回しいれ馴染ませます

5
じゃがいものガレットをひき、ホタテをのせて、取り出したにんにくをのせパセリをふって完成です



料理のポイント

ホタテは焼きすぎると縮んで硬くなるので焼きすぎに注意しましょう

ホタテが大きいときには炒めるときに酒大さじ1を入れて蒸し焼きにしましょう

鶏ハムと水菜とまいたけのバター炒めです
今回は鶏ハムと水菜とまいたけのバター炒めです


鶏ハムを使った炒め物です

これもある物をとりあえず炒めてみた感じですねw

きのこ類とバターは合いますし、水菜のシャキシャキ感も残ってて

ちょうどいいサイドメニューだったのでご紹介させてもらいました


鶏ハムと水菜とまいたけの炒め物


材料

鶏の胸肉 1枚
塩 (できれば岩塩)  適量
ブラックペッパー 適量
スパイス(お好みでどうぞ)
 乾燥バジル 
 オレガノ  
 ガーリックパウダー 

水菜 2束
まいたけ 50g
バター 20g


1
大きな鍋でお湯を沸かす。沸くまでの間で2から4の作業をこなします

2
むね肉の皮を剥ぎ取り脂身除去
脂身は鶏の臭みが強いし、火が通るとそこだけ食感が悪くなります

3
必ず先に砂糖を両面すりこむ
次に塩を両面すりこむ
さらにブラックペッパーとお好みのスパイスをすりこむ

4
ジッパー袋に肉を入れてなるべく袋の空気を抜いてピチッとさせて密封させます
ストローなどで空気を吸い出してください
なおこのときのジッパー袋は耐熱性の高いものにします

5
そのまま沸騰したお湯に投入します
入れたら火を止め20分くらい放置し余熱で加熱します
室温や放置する場所、お湯の量で加熱の時間が変わりますので調整してください
あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やします

6
鶏ハムを薄く切り、水菜を4cmくらいに切ります
まいたけは好みの大きさに裂いておきます

7
フライパンにバターを入れ熱します
バターが溶けてきたら、鶏ハムとまいたけを入れます

8
鶏ハムに焦げ目がついてきたら、水菜を入れ塩コショウで味を調えて完成です



料理のポイント

鶏ハムさえ作り置きしてあれば、炒めるだけの簡単料理です

鶏ハムは炒めすぎると硬くなるので気をつけましょう


じゃがいものガレット
今回はじゃがいものガレットです



ガレットとはフランスの語で、円く薄いものという意味です

フランス料理ではそば粉を使ったクレープのような生地で野菜や肉などを乗せたりする物が一般的ですね


お子さんも好きな味だと思うので試してみてはいかがでしょうか

じゃがいものガレット



材料(2人分)

じゃがいも 小3個
とろけるチーズ 50g

塩 少々
コショウ 少々(出来れば黒コショウのあらびき)



1
じゃがいもの皮をむき、細切りにします
カリカリの食感が好きな方は、より細く切りましょう

2
じゃがいもの水気をとって、塩、コショウしてます

3
フライパンに油を引き、じゃがいもを炒めます
概ね火が通ってきたら、薄く広げて全体的にとろけるチーズを乗せます

4
チーズが溶けたらひっくり返して、チーズに焦げ目がついたら出来上がりです。



料理のポイント


ホクホク感を出したい場合には、太めに切ってラップして5分くらいレンジで温めてから炒めましょう


オニオングラタンスープ
今回はオニオングラタンスープです



ファミレスなどでも見かけるメジャーなフランス料理です

フランス語で言うとスーパ・ロワニョン・グラティネと言うそうです

フランスでは二日酔いに効くと言われるみたいですよ

今回はシンプルにたまねぎだけで作りました。

ベーコンやジャガイモを入れてもいいと思います



今回はパンを器の口いっぱいの大きさにしたので中身が見えませんねww


オニオングラタンスープ



材料 (2人分)

たまねぎ 2個
バター 大さじ2
水 200cc
塩 適量
こしょう 適量
コンソメ粉末 大さじ1
パン お好みのサイズで
とろけるチーズ お好みの量で
にんにく 1片



1
たまねぎを薄切りにして3分くらいレンジで温めます
一度取り出しよく混ぜてもう一度3分くらい温めます

2
フライパンにバターとつぶしたにんにくを入れ火にかけます
バターが溶けてにんにくの香りが出てきたら、
にんにくを取り出したまねぎを入れ飴色になるまで炒めます

3
飴色になったら水とコンソメを加えて塩コショウで味を調えます

4
耐熱容器にスープを入れ、パンを軽くトーストして乗せます
パンの上にチーズを乗せてオーブンなどで焦げ目が着くまで焼いたら完成です



料理のポイント

パンは焼かなくてもいいですが、食パンのような柔らかいパンを使う一瞬でふやけてしまうので気をつけましょう

水菜の鶏ハム巻き
今回は水菜の鶏ハム巻です



鶏ハムを作ると最後に冷やしたときにコラーゲンがジェル状に固まります。

これをドレッシング代わりに使ってみました

女性にお勧めの一品です

水菜の鶏ハム巻き


材料

鶏の胸肉 1枚
塩 (できれば岩塩)  適量
ブラックペッパー 適量
スパイス(お好みでどうぞ)
 乾燥バジル 
 オレガノ  
 ガーリックパウダー 

水菜 1束
マヨネーズ 少々
粒マスタード 少々


1
大きな鍋でお湯を沸かす。沸くまでの間で2から4の作業をこなします

2
むね肉の皮を剥ぎ取り脂身除去
脂身は鶏の臭みが強いし、火が通るとそこだけ食感が悪くなります

3
必ず先に砂糖を両面すりこむ
次に塩を両面すりこむ
さらにブラックペッパーとお好みのスパイスをすりこむ

4
ジッパー袋に肉を入れてなるべく袋の空気を抜いてピチッとさせて密封させます
ストローなどで空気を吸い出してください
なおこのときのジッパー袋は耐熱性の高いものにします

5
そのまま沸騰したお湯に投入します
入れたら火を止め20分くらい放置し余熱で加熱します
室温や放置する場所、お湯の量で加熱の時間が変わりますので調整してください
あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やします

6
鶏ハムを薄く切り、水菜を鶏ハムの巻く幅より少し長めに切ります

7
鶏ハムにマヨネーズと粒マスタードを薄く塗り、水菜を巻きます

8
皿に盛り付け、冷やしたときに固まったジェル状のコラーゲンを乗せて出来上がりです





料理のポイント

下味に塩コショウなどをしっかり振っているので、ジェルそのものにもしっかり味がついています
マヨネーズや粒マスタードは無くても十分おいしいですよ





レタスと卵と水菜のオイスター炒め
今回はレタスと卵と水菜のオイスター炒めです


ぶっちゃけ余っていた野菜をやっつけただけの料理ですw

とはいえ、野菜のしゃきしゃき感と卵のふんわり感をオイスターソースがまとめてくれるので

何度も食べたくなる癖になる味で私は気に入ってますよw

レタスと卵と水菜のオイスター炒め


材料

レタス 1/4個
水菜 1束
卵 1個

オイスターソース 大さじ1
塩 少々
こしょう 少々
ごま油 大さじ1


1
レタス、水菜を一口大に切り、卵を溶いておきます

2
お湯を1リットルくらい沸し、サラダ油を大さじ2くらい入れてから、レタスと水菜を20秒くらい茹でて、水気を切っておきます
油通しの代わりですね

3
フライパンをよく熱し油を入れ、卵を回し入れ手早くかき混ぜます
卵が固まる前にレタスと水菜をいれ、オイスターソース、塩コショウで味を調え、最後にごま油で香りを付けて完成です



料理のポイント

2の油通しの代わりの手順は省きたい方は省いてもいいと思います

3の手順は卵を炒め過ぎるとぼろぼろになるので手早く行いましょう


ベーコンとレタスとたまねぎのスープ
今回はベーコンとレタスとたまねぎのコンソメスープです


見たままなのでレシピは要らない気がしますが、こういう在り来たりの物もいいかなと思い載せてみました

手抜きじゃないけど、毎度毎度、手の込んだ物なんて作ってられないからねw

ベーコンとレタスとたまねぎのスープ


材料(4人分)

ベーコン 2枚
たまねぎ 1個
レタス 1/4個

塩 適量
こしょう 適量
コンソメキューブ 1個
水 600cc


1
ベーコン、たまねぎ、レタスを薄切りにします

2
鍋に油を引き、ベーコンとたまねぎを軽く炒めます

3
鍋に水とコンソメを入れ沸騰したら、塩コショウで味を調え、レタスを入れて一煮立ちしたら完成です





料理のポイント

ポイントというほどでもないですが、味見しましょうw 

鶏ハムのマスタードソテー
今回は鶏ハムのマスタードソテーです

鶏ハムはよく作りますが、生のままだと飽きるので焼いてみました

焼くだけでも十分おいしいのですがマスタードもいいですよ

今回は水菜のシーザーサラダを添えて見ました

鶏ハムのマスタードソテー


材料

鶏の胸肉 1枚
塩 (できれば岩塩)  適量
ブラックペッパー 適量
スパイス(お好みでどうぞ)
 乾燥バジル 
 オレガノ  
 ガーリックパウダー 

粒マスタード 大さじ1
マヨネーズ 大さじ2


1
大きな鍋でお湯を沸かす。沸くまでの間で2から4の作業をこなします

2
むね肉の皮を剥ぎ取り脂身除去
脂身は鶏の臭みが強いし、火が通るとそこだけ食感が悪くなります

3
必ず先に砂糖を両面すりこむ
次に塩を両面すりこむ
さらにブラックペッパーとお好みのスパイスをすりこむ

4
ジッパー袋に肉を入れてなるべく袋の空気を抜いてピチッとさせて密封させます
ストローなどで空気を吸い出してください
なおこのときのジッパー袋は耐熱性の高いものにします

5
そのまま沸騰したお湯に投入します
入れたら火を止め20分くらい放置し余熱で加熱します
室温や放置する場所、お湯の量で加熱の時間が変わりますので調整してください

6
鶏ハムを好みの厚さに切ります

7
フライパンに油をひき、鶏ハムを両面焼きます

8
両面に焼き目がついたら取り出し、粒マスタードとマヨネーズをフライパンに入れ軽く火を入れます

9
焼いた鶏ハムにソースをかけて完成です





料理のポイント

ソースは火を入れすぎると焦げるので注意しましょう